占いの種類と効果について

自分にぴったりなのはどれ?占いの種類や特徴、方法などを徹底解説!

占いの種類
大好きな彼との関係が今後どうなっていくのかを知るために、電話占いを試そうと考えている皆さん。実は占いにも色々な種類があって、それぞれ性質が異なっていることをご存知ですか?

占いもモノによっては、恋占いに適していなかったり、相手の気持ちを知ることができなかったりするため、注意が必要です。

自分の知りたい事柄にぴったりの方法で占ってもらうのがベストですね。

「自分と彼との運命や、相性の良さを知りたい」
「付き合い始めたばかりだけど、今後どういう関係になるのか知りたい」

色々な目的に合わせて、占いを選んでみてください。それではさっそく、各占いの種類や特徴を見ていきましょう。

命、卜、相――占いの種類や特徴とは?

占いには大きく分けて3つの種類があります。今ある占いの多くは、以下の3ジャンルのうちのいずれかに属すると考えてOKです。

命(めい)

生年月日や星の動きなどからその人の運命、運勢を見る鑑定方法。

卜(ぼく)

占ったタイミングやその人の現在の運勢によって結果が違ってくる鑑定方法。

相(そう)

その人の人相や手相、モノの配置など目に見えるものから運勢を判断する鑑定方法。

簡単に説明すると、命は静的な占い、卜は動的な占いであり、相はその中間に位置する占いとなっています。これを知るだけでも少し、自分にぴったりの占いが見えてくるのではないでしょうか。

ここからは命、卜、相の中でも特にメジャーな鑑定方法についてお話しいたします。

命の種類――四柱推命、九星気学、占星術

四柱推命、九星気学、占星術
命は生年月日や生まれた場所、時間などからその人の運命を判断する占いです。

生年月日や出生地は変わりようがないため、命は静的な占いだといえます。その人の動かざる運命、宿命について知る、見るのが命だと考えてよいでしょう。

そういった意味では「予言」に近いものがあると言えるかもしれません。

また、命は統計に支えられた鑑定方法であるため、しっかりと占いを勉強した人に占ってもらえば、毎回ほぼ同じ結果が出ます。その意味でも命は静的な占いだと言えるでしょう。

ここでは、命に分類される代表的な占いをいくつかご紹介いたします。

四柱推命

四柱推命とは、生まれた年、月、日、時間を4つの柱とし、それを命式という図式に当てはめて運勢を占う鑑定方法です。

中国の陰陽五行説を基に作られた占術であり、その人の命運を占います。先天的な運、運命を占う方法ですから、今後の人生がどうなっていくのか、どこに行き着くのかなどを知るのに役立ちます。

九星気学

九星気学は、生まれた年月日によって、その人を九つの星に分類し、陰陽五行説と組み合わせて運勢を見るという鑑定方法です。

九星気学では、一白水星や自黒土星など、人には「本命星」というものがあり、それぞれに吉方位と凶方位が定められているのです。

その人の先天的な運だけでなく、吉と働く、あるいは凶と働く方向について知れるのも九星気学の特徴です。

恋人とのデートプランを立てるのにも役立ちます。

占星術

占星術には、ヨーロッパで発展した西洋占星術と、中国で発展した東洋占星術の2種類があります。

双方に共通しているのは、太陽や地球、その他の惑星の軌道や位置などを、人や社会の在り方に結び付けているということ。生年月日をホロスコープに当てはめて占うのが基本となります。

自らの先天的な運勢を知れるほか、二人で占えばその相性を知ることも可能です。

このように命という占い方法は、非常に歴史が長く、方法が確立されている鑑定方法です。

鑑定士が違ってもほぼ同じ結果が出ることが多く、その意味では比較的精度の高い鑑定方法だと言えるでしょう。

最近では占い師がこれらの鑑定方法にオリジナルの要素を付加していることもありますが、基礎的な部分は共通しています。

卜の種類――易、タロット、ルーン

タロット占い
続いては卜についてご紹介いたします。卜には易やタロット、ルーン占いがあり、これらに共通しているのは、占ったタイミングによって結果が異なってくるということ。

先天的な運勢を知るのではなく、直近数ヶ月~この先1年くらいの、短い期間の運勢を知るのに役立つ占いです。

ちなみに、神社で販売されている「おみくじ」もこの卜に当たります。占ったタイミングによって吉だったり凶だったりと結果が違うため、卜は動的な占いだと言えるのです。

は、古代中国から伝わった占いです。筮竹と呼ばれる竹ひごのようなものを用い、周易(五経の一つ)に基づいてその人や物事の吉凶を占います。

昔の中国や日本を舞台にするドラマや映画などには、この易の場面が出てくることもありますね。

日本語の「易を立てる」という表現も、この易という占いから来ているのです。卜の中では最も歴史が長く、伝統的な鑑定方法だと言えるでしょう。

タロット占い

タロット占いは、22枚の大アルカナカードと、56枚の小アルカナカードを用いて行う占いのこと。

大アルカナカードもしくは小アルカナカードのどちらかのみを使用する場合もあります。現在卜の中では最もポピュラーな鑑定方法だと言えるかもしれません。

カードを裏向きにしてシャッフルし、そのうち何枚かをテーブルに並べ、カードの意味と向きから、その人の運勢を占います。

正位置、逆位置と、カードの向きには大きな意味があり、それによって結果が180度変わってくるのもタロット占いの特徴です。

仕事や恋愛まで、様々な分野をカバーしています。

ルーン占い

ルーン占いとは、専用の袋に入った石をひとつだけ取り出して、その人の運勢や今後の人生(短い期間)を占う鑑定方法です。

似たような占いにおみくじがあります。ルーン占いに使用される石にはそれぞれに意味があり、たとえば、スリサズという青い石には、「行く先は氷のように閉ざされて進めない。無理に進もうとするとさらに凍り付く」という意味があります。シンプルですが非常に面白い鑑定方法です。

以上のように、卜は短い期間、今現在の運勢を知るのに適した鑑定方法となっています。

恋占いとしてはタロットやルーンが良いかもしれません。彼との今の関係性や、向こう数ヶ月~1年程度の展開について、ぜひ占ってもらってみてください。

相の種類――手相、人相、風水

手相、人相、風水
相は、手相や人相を基にその人の運命や運勢を占う鑑定方法です。

方法が確立されているため、ちゃんとした鑑定士に占ってもらえば大体同じ結果が出ますが、手相や人相は歳を取るごとに少しずつ変わっていきます。

したがって、最初の占いから10年、20年と経った頃に占うと違う結果が出ることもあり、その意味で相は動的、静的両占いの中間に位置する鑑定方法だと言えるのです。

各占いの特徴は以下の通りとなっています。

手相、人相占い

手相、人相占いは、手に刻まれた皴や、顔の各パーツの配置、形などから、その人の運勢だったり、性格だったりを明らかにする鑑定方法です。手相占いについては挑戦してみたことのある方も多いでしょう。

最近では、電話占いにおいても手の写真を送れば鑑定してもらえるケースもあります。自分の運勢や、性格、彼との相性などについても知ることができる占いです。

風水

風水とは古代中国の思想で、モノの位置によって吉凶が決定されるという一風変わった鑑定方法のこと。

元々は都市、住居、墓の位置など、地域全体の「気の流れ」を読み、必要であればモノの配置を変え、気の流れを制御するというものでしたが、最近では一個人の家の中にまで適用可能であるとされています。

風水の良いところは、モノの位置から現在の運勢を知ることができるだけでなく、モノの配置を変えることによって運気を高めることも可能であるということ。

最近ツイてない、不幸が続いているという方は、風水に詳しい先生に相談して、家のモノの配置を変えてみてください。

以上が相に分類される占いです。目に見えるものを基にその人の運勢を占うという鑑定方法で、姓名判断もこの相に含まれるとの見方もあります。

いずれも電話占いでも可能な鑑定方法ですから、上記の占いを得意とする先生を探してみてください。

占いの種類や効果についてまとめ

占いの種類や効果についてまとめ
いかがでしたでしょうか。占いごとに特徴も方法も違って面白いですよね。

自分が持って生まれた運勢や彼との運命、基礎的な相性を知りたいのなら、今現在の運勢や今後短い期間の彼との関係性について知りたいのなら、今後変化する可能性がある未来について知りたいのならというふうに、使い分けをすると良いでしょう。

皆さんもぜひ、まずは手軽な電話占いで各鑑定を試してみてくださいね。